スポンサーサイト

  • 2017.01.14 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク

セフォラのコスメブランド解説 余談

  • 2016.08.02 Tuesday
  • 21:26




「いや、こんなに片っ端から説明されても困るがな(;´д`)つ 何を買ったらいいか分からんがな」
という方もいらっしゃると思うので、自称コスメ好きがオススメ商品を紹介したいと思います。
 

 

アメリカで流行っているコスメが使いたい人向け

アメリカでは今(2016年春夏)、スプレー缶入りコスメが流行中らしいです。スプレーでシュッとするだけなので簡単で時間がかからず、塗りムラも起きにくいということで、いろんな商品が販売されています。


NAILS INC.  Paint Can Spray On Nail Polish(スプレー式ネイルカラー)

Dior Diorskin  Airflash Spray Foundation(スプレー缶入りファンデーション)

Dior Airflash CC Primer - Radiance Booster Color Correcting Primer(スプレー缶入りCCプライマー)

SEPHORA COLLECTION 10 HR Wear Perfection Foundation(スプレー缶入りファンデーション)

SEPHORA COLLECTION Perfection Mist Airbrush Blush(スプレー缶入りチーク)

Smashbox Smashbox Photo Finish Primer Water(スプレー缶入りプライマー)

 

また、黒や青や緑色といった変な色のマットな口紅が流行中らしいです。

実際に赤・オレンジ・黄・黄緑・緑・水・青・藍・紫・黒などない色がないくらい色の種類が豊富で、日本では黒色なんて口紅は見たことがないので驚きました。

 

ユーザーが実際に化粧品を使った動画や画像をアップしてて見ることができるのですが、いろんな人種や体系や性別の方がいて参考になりました。角刈り男性が口紅やマニキュアを実際に塗って試してその感想を伝える動画もありました。


日本に上陸していないコスメブランド
The Estée Edit by Estée Lauder(エスティローダーの若い世代向けコスメ)
Marc Jacobs Beauty(マーク・ジェイコブスから発売されているコスメ)

Origins(2013年に日本撤退したコスメ)

・stila(2009年に日本撤退したコスメ。ただ創始者はもうブランドから離れているらしく、アメリカのサイトだと名前すら出てきません。アメリカの会社ですが今はフランスの会社の子会社になっており、ブランドを買い取った出資者が化粧品に関係ない武勇伝を延々と披露するページがあったり、ブランドの顔のはずの新しいメイクアップアーティストがウィキペディアのページもない無名だったりして、もしかしたら、創始者がいた頃のブランドとは違うかもしれないと思いました。)

日本にあまり売っていない商品
・デオドラント・スティック(Deodorant Stick)外国から日本へ移住した外国人にとって日本のデオドラントスプレーは体臭を抑える効果が弱く感じるらしいんです。デオドラント・スティックはリップクリームのような容器に入った制汗剤でワキ等に塗ると匂いが抑えられるものです。体臭が外国人並みの人向け。

・クリームシャンプー(Cream Shampoo)クレンジング効果があるコンディショナーみたいなクリーム状のシャンプー。泡立たない濃厚なクリームで頭皮マッサージをすることで頭皮と髪を傷つけずに髪を綺麗にする。シャンプーとコンディショナーが一度で済み、時短であることと、痛んだ髪に効果あり。

・ドライシャンプー(Dry Shampoo)毎日洗髪しないのが当たり前の欧米で使われているスプレー式シャンプー。スプレーの中に入った粒子が頭皮の油に吸着し匂いを抑える効果あり。水で洗っていないのにスプレーしてクシュクシュしただけでまるで洗髪したみたいにスッキリする缶入りスプレー。
 

各国の特徴(個人的な感想です)

・A国(自信に満ち溢れている。世界のトップリーダーと自負するだけあって科学者と美容家がチームを組んで最先端の科学技術を使ったコスメが多いです。サロンやエステで使われている美容器具や技術を家庭用に落とし込むのが上手。)

・F国(伝統を重んじる国なのか、何世代も前から受け継がれる伝統的な製法のクリームなどが売りだったりします。体にいい無毒をアピールした商品やオーガニックを売りにする商品が多い。)

・I国(基本的にクラシックなものを好む性質があるのか、他の国が高品質な機械を使った髭剃りに特化する中で、あえてブラシで泡立てたクリームと髭剃りでヒゲを剃ることを推奨したり、ミョウバン石を使ったり、クラシックな製法の物を現代アートのように美しいパッケージに入れて売ることが多い。)

・J国(こんにゃくスポンジがkonjac spongeと呼ばれて1個15〜22ドルで売れています。しかし、全部外国が作ったなんちゃってこんにゃくスポンジです。A国とK国が販売していてA国は日本の物だと言っていますが、K国は自分の国の商品だと言い張っています。J国のコスメは評判が良いのにメーカーがどこも海外進出したがらないので、いつも他の国が日本風のコスメを高額で販売しては漁夫の利を得ているのでJ国のメーカーはもっと頑張れよと心から思います。何故なら、J国人の肌を目指して開発したコスメブランドが複数存在するし、個人サイトで何倍にも値段を吹っ掛けた値段設定でもJ国のコスメは売れているからです。指圧マットも美容用品としてウケているのですが、売れているのは外国人が模倣したニセ製品です。)

・K国(安かろう悪かろう。企画力があって他所の国ではまず見ないようなコスメをよく見かけます。ただパクリ商品もとても多いです。公式サイトを見ると、紹介文に明らかにウソの歴史が書いてあったり、J国の物も自国の物だと書いているので、まるで虚言癖の人の話を読んでいるように感じられて読んでいて一番精神が消耗したのがこの国でした。リストを書いていて怒りでカッとなり、どれだけウソを書いているのか毎回不満をブチ撒きそうになったのもここのコスメです。輸出に熱心で海外でよく商品が売られています。)

S国(オシャレだけど意地が悪い広告。商品説明の動画で他のメーカーの商品がズラーッと出てきて全てを否定した後に自社製品を褒めちぎるというのはこの国独自のものだと思いました。)

 

成分の説明

パラベン(防腐剤。アレルギーが出るかもしれない危険性もあるが、入っていないと商品にカビが生える可能性もある)

シリコン(ケイ素のこと。体に悪い訳ではないが、シャンプーに入っていると髪がキシキシせずに滑りがよくなるという効果がある。しかし、シリコンが髪の表面をコーティングしてしまうのでその後に使うコンディショナーやオイルが浸透しなくなる)

DEA(ジエタノールアミンのこと。クリームの触感や泡立ちを良くするために使われるが、発がん性があるんじゃないかと言われている。しかし、水溶性が高く、水で洗い流すことで除去できる)

石油化学(強い洗浄効果・防腐剤。洗顔料などの洗剤に入っていると強い洗浄効果があるが、肌のバリアゾーンまで壊してしまうため、肌の抵抗力が落ちて紫外線などが入りやすくなったり、乾燥を引き起こす危険性がある)

フタル酸エステル(プラスチックを柔らかくする可塑剤。ネイルカラーを滑らかにする効果があり、人工的な香料に使われる。男性の生殖機能の低下・発がん性を起こす可能性があるが、体内に蓄積しない)

フッ素(フッ素単体だと強い洗浄効果があるが、他の原子と結びついて分子になると毒物に変化することが多い。歯磨き粉に入っている。WHOでは6歳以下はフッ化物洗口禁止されている)

プロピレングリコール(保湿剤。皮膚障害や発がん性があるが毒性は低く薄めれば問題ないと言われている)

鉱物(石油が原料のオイル。1970年代はオイルに不純物が入っていることが多く、オイルをつけて紫外線に当たるとオイルを塗ったところが色素沈着の原因になっていたが、今は精製技術が発達したので全く問題ないらしい。天然オイルと違い酸化せず、肌に浸透しないのでクレンジングなんかは天然オイルよりいい)

合成色素(石油から作られるタール系色素。発がん性があると言われている。口紅・衣料・食品に使われる。赤色〇号、青色〇号というように認可されている色素とされていない色素がある)

合成香料(特に体に悪いという問題はないが香りを本物に近づければ近づけるほど不自然に感じることも。天然香料の方が体によさそうだというイメージから嫌われているだけらしい)

アルミニウム(アルツハイマー発症リスクがあると言われているが、今のところ科学的根拠はなく、ドイツ連邦リスクアセスメント研究所は健康の被害はないと発表されている)

紫外線吸収剤(取り込んだ紫外線を熱や赤外線に変えることで肌に届く前に紫外線の効果をなくす効果がある。しかし、刺激になったり化粧品の中の香料が変質して変な匂いが出たりする。これを入れないとクリームが白浮きして肌になじみにくくなる)

界面活性剤(水と油のように本来馴染(なじ)まないものを馴染ませる。ファンデーションや化粧品などは問題ないが、シャンプーや洗剤だと洗浄力が強すぎて皮脂膜や角質層まで壊してしまう可能性があり、紫外線など外部からのダメージを受けやすくなる)

 

感想

誤訳は多分あると思います。すいません (;´д`)

ツイッターなどのSNSで、ハリウッドスターがコスメを紹介しているのを頻繁に見かけるので「○○さん愛用」という情報は書こうと思えばたくさん書けるのでまとめようかと思っていましたが、ハリウッドスターがSNSでコスメを紹介すると日本でいうステマ(ステルス・マーケティング)と同じで広告収入が入るらしく、広告のための情報も多いらしいのでやめました。

 

ちなみに、アメリカで一番ツイッターのフォロワーが多いセレーナ・ゴメスさん(約2億人)がなんらかの商品を1回ツイート(つぶやく)するだけで、1600〜2400万円もの収入が得られるらしいです。

 

何を買ったらいいのかですが、ドイツやフランスのような欧州のコスメで日本に公式サイトがある場合は、アメリカより日本で買った方が値段が安いことが多いです。韓国コスメもアメリカで買う値段の半額くらいまで値段が下がります。

 

逆に、イヴ・ロムはアメリカで80ドル(9,236円)で売っている石けんを、日本では16,200円というふっかけ方をしているので、1個買うだけでセフォラ・オンラインショップの送料+関税料金を合わせても余裕でお釣りがきます。


リストを書いておいてなんですが、具体的な情報がないブランドは買わない方がいいと思います。ブランド名の由来しか書いていないとか、誰でも使えるシンプルな商品ですとか、我が国の伝統的な技術を使いと書いてあるのにそれが何なのかは記述されていないとか、パッケージのデザインについてしか書かれていないとか、それらは中身がなさすぎて書くことがなかったブランドです。

 

 

セフォラのコスメブランド解説  A・B C・D E・F・G・H I・J・K・L M・N・O P・Q・R・S T・U・V・W・X・Y・Z

セフォラのコスメブランド解説 T・U・V・W・X・Y・Z

  • 2016.07.31 Sunday
  • 14:07

 

☆マークは、日本に発送できず、全ての商品を買えません。
★マークは、香水など一部の商品を除き、買えます。

 

 

T3(アメリカ) ☆2003年にケント・ユーが創立したヘアケアツール専用ブランド。トリマリンを注入したジャイロテクノロジーを使ったヘアドライヤーが賞を受賞。ブレイク・ライブリーの愛用品で有名らしいです。

Tangle Teezer(イギリス) ★濡れてからんだ髪・細い髪・傷んだ髪でもスムーズにときほぐし、キューティクルを整えて、ブラッシングだけでサラサラ艶やかな美しい髪にするヘアブラシ。日本上陸済み。

tarte(アメリカ) ★1999年に美容愛好家のモーリーン・ケリーが創立したコスメブランド。スーパーフルーツ・植物抽出物・ビタミン・ミネラル・エッセンシャルオイルなど天然由来の成分を使用し、パラベン・鉱物柚・フタル酸・ラウリル硫酸ナトリウム・トリクロサン・合成香料・グルテン不使用。アマゾンの粘土を使っていることからアマゾンの共同組合をサポートし、できる限り再利用できる容器を使用しています。ダブル・デトックスという泥パックをジャスティン・ビーバーが愛用中。

Task Essential(スイス) ★2004年にスイスのヌーシャテル湖の畔(ほとり)に建てられた研究所で生まれた科学と自然が融合した男性向けアンチエイジングコスメブランド。皮膚細胞には何よりも酸素が大事だと考え、酸素分子・ビタミン・活性酸素・稀少植物エキスを使い、表皮から酸素を枯渇させる加齢・タバコ・ストレス・環境汚染の要因に効果を発します。

Tata Harper(アメリカ) ★化学成分を一切使わずに100%オーガニックにこだわったアンチエイジングスキンケアコスメブランド。バーモント州の自社農業で取れた植物から抽出したオーガニック成分しか使わない徹底した生産管理をしている。

Tatcha(アメリカ) ★台湾人のヴィクトリア・ツァイが来日した時に芸者の肌の美しさに驚き、芸者から聞いた食や美のこだわりを実践したスキンケアコスメブランド。抗酸化作用と保湿効果がある緑茶や紅藻・米ぬか・椿オイル・絹などを使用し、日本風にこだわっています。

tenoverten(アメリカ) ☆トライベッカの中心地にあるネイルサロンから生まれた体に悪い化学成分を使用しないネイルカラー専用コスメブランド。

Tocca(アメリカ) ☆1994年にセントルシアのビーチにある400平方フィートのアパートで生まれた南欧のロマンチックとアジアのエキゾチックなテイストが融合したファッションブランドから発売されている香水。日本上陸済み。

TokyoMilk Dark(アメリカ) ☆2009年に高級フレグランスブランドであるロリア(LoLLIA)で成功したマーゴット・エリーナがパッケージデザインから処方・販売まで細部にこだわり、大切な自分だけの宝物になるように作った香水ブランド。マリー・アントワネットをブランドアイコンにしたトーキョーミルクも有り。日本上陸済み。タバコやコリアンダー(パクチー)や甘いお菓子など変わったフレーバーが多いです。47mlのティンテッド・ラブ(香水)をアメリカで買うと42ドル(4,665円)、日本で5,400円。

TOM FORD(アメリカ) ☆2005年にグッチやイヴ・サンローランのクリエイティブ・ディレクターをしていたトム・フォードと同社のCEOだったドメニコ・デソーレが創業したファッションブランドであるトム・フォードから発売されているコスメブランド。日本上陸済み。ライセンス商品なので、商品はエスティーローダー(アメリカ)で作られています。モイスチャーコア・リップカラー(口紅)をアメリカで買うと55ドル(6,109円)、日本で6,696円。

Tony Moly(韓国) ★英語のカッコイイ(Tony)と日本の盛り(Moly)を混ぜたブランド名のコスメブランド。動物や果物を模したパッケージに入った可愛らしい見た目のコスメが多いです。

Too Cool For School(韓国) ★海外で活躍するアーティストとのコラボ・パッケージや1ツのブランドの中に多様なパッケージデザインがあることが売りのコスメブランド。CCクリームのフタがチークになっていたり、油取り紙にパフが付いていたり、ちょっと変わったデザインのコスメが多いです。

Too Faced(アメリカ) ★1998年にジェロッド・ブランディーノとジェレミー・ジョンソンが創立した女性らしさと悪びれない魅力をもたらすメイクアップコスメブランド。動物実験なし。金色やハートのデザインの可愛らしいパッケージが多いです。

Tory Burch(アメリカ) ☆2004年にトリー・バーチが設立したアメリカンライフスタイルブランドから発売されている香水。日本上陸済み。

Touch In Sol(韓国)★誰でも簡単に使いこなせるシンプルなメイクアップコスメブランド。天然保湿因子が入っており、しっとりと保湿させます。

Tria(アメリカ) ☆クリニックで使われているレーザー脱毛機の代表格と言えるライトシェア™ の開発者たちが設立したレーザーを使用した脱毛機や美顔器専用ブランド。日本上陸済み。レーザーなので本当に家庭で永久脱毛ができます。

Tweezerman(ドイツ) ★35年以上続く評判が高い美容ツール専門会社。毛抜きとビューラーが人気商品。日本上陸済み。ビューラーは日本製らしいです。日本だとプラザや薬局などいたるところで見かけます。

 

Urban Decay(アメリカ) ☆1996年に化粧品業界が赤とピンクだらけなことに嫌気が差した創立者が作った都会の衰退(Urban Decay)という名前の少し毒々しさを感じさせる色合いが多いメイクアップコスメブランド。高品質で有名らしく、アメリカでは絶大な人気があるそうです。

 

Velour Silk Lashes(カナダ) ★100%ミンクの毛やシルクでできたつけまつ毛専門ブランド。ハリウッド女優がドレスアップして授賞式に出る時に使うそうです。全て手作りで最高品質の高級つけまつ毛です。

Verb(アメリカ) ★カリフォルニアで作られているほんのりグレープフルーツとオートミールの香りがするオーガニックヘアケア専用コスメブランド。全ての商品がビーガン用でリサイクル可能なパッケージに入っています。動物実験なし。

Versace(イタリア) ☆1978年にジャンニ・ヴェルサーチによって設立されたファッションブランドから発売されている香水。日本上陸済み。

VERSO SKINCARE(スウェーデン) ★バーソは絵画やドレスの裏側を表すラテン語で、通常から時間を逆転させることを意味するスキンケアコスメブランド。レチノール8を使用しており、若い細胞がどのように動くか模倣するように皮膚細胞を操作させます。レチノール8がアンチエイジングに最も適していると考え、皮膚の血流を増加することで老化の兆候を遅らせ、コラーゲンの自然な生産を促します。

Viktor & Rolf(フランス) ☆1993年にヴィクター・ホスティンとロルフ・スノランが設立したファッションブランドから発売されている香水。日本上陸済み。2015年にプレタポルテ(既製服)事業は終了し、今は、オートクチュール(オーダーメイド服)・香水・ライセンス商品のみだそうです。

Viseart(フランス) ★フランスの映画界でプロのメイクアップアーティストの間でよく知られたメイクアップコスメブランド。近代的なテクノロジーと自然とオーガニックでできているので、有害な化学物質で肌を老化させません。

Vita Liberata(イギリス) ★オーガニックの高級セルフタンニング専用コスメブランド。速乾性で無臭。ローションやムースは72時間も保湿し続けます。日焼けしないで小麦色の肌を楽しみたい方向け。

 

Wander Beauty(アメリカ) ★スーパーモデルのリンジー・エリンソンがプロデュースするメイクアップコスメブランド。チークもイルミネーターもファンデーションも全てがリップスティックみたいな容器に入っています。

Wei(アメリカ) ☆中国人のウェイ・ヤン・ブライアンが創立した伝統的な中国医学と漢方薬と西洋のハーブを使用したスキンケアコスメブランド。マスクが人気商品。

Well-Kept(アメリカ) ★2011年にニーリー・ケルシュがアトランタに創立した携帯電話・パソコンのスクリーン専用クレンジング・ウェットティッシュ。おしゃれでパッケージの種類が多いです。メガネにも使えます。

WEN® by Chaz Dean(アメリカ) ☆ロサンジェルスで20年以上もヘアスタイリストとして活躍するチャズ・ディーンが、1993年にハリウッドで立ち上げたヘアケア専用コスメブランド。クレンジングとトリートメント効果をあわせ持った泡立たない濃厚なクリームで頭皮をマッサージしながら髪を洗うクリームシャンプーが人気商品。日本上陸済み。480mlのクレンジング・コンディショナーをアメリカで買うと32ドル(3,507円)、日本で5,200円。クリームで洗うことでシャンプーを泡立てることで起きる摩擦によるダメージを防ぎ、マッサージすることで血行を促します。

When(韓国) ★肌に栄養を与えるのに有効なココナッツを原料としたバイオセルロースシートを使い、超敏感肌でも使えるシートマスク。

 

 

Yu-Be(日本) ★1957年にヨシキヨ・ノワタリによって設立されたユースキン製薬で作られた日本で50年以上家庭で愛されているスキンケアクリーム。おむつかぶれ・不揃いなキューティクル・ひび割れた口唇やかかと・ネックラインのシワ・シミ・日焼けによる皮膚ガン予防・傷跡に効果があり、赤ちゃんや妊娠中のお母さんにも使えます。グリセリンベースにビタミンB・ビタミンE2を含み、乾燥した肌に速攻で効果をもたらします。アレクサ・チャンやアレッサンジオ・アンブロージオが愛用。ちょっと匂いが気になるけど安くて効果ありと評判が良いです。

Yves Saint Laurent(フランス) ☆1958年にイヴ・サン=ローランによって作られたファッションブランドから発売されているコスメブランド。日本上陸済み。ラディアント・タッチをアメリカで買うと42ドル(4,603円)、日本で5,400円。日本だと限定パッケージがあったり、口紅に名前を掘ってくれるサービスを無料で入れてもらえます。

 

ZÜCA(アメリカ) 2004年にロラ・ユードラが重い教科書を運ぶ子供達のために作ったカリフォルニアで生まれのキャリーバッグ。日本上陸済み。日本限定デザイン有り。

 

 

セフォラのコスメブランド解説  A・B C・D E・F・G・H I・J・K・L M・N・O P・Q・R・S 余談

セフォラのコスメブランド解説 P・Q・R・S

  • 2016.07.20 Wednesday
  • 23:28

 

☆マークは、日本に発送できず、全ての商品を買えません。
★マークは、香水など一部の商品を除き、買えます。

 

 

Paco Rabanne(フランス) ☆ファッションブランドであるパコ・ラバンヌから発売されている香水。ショック・ビューティー・陰謀で満たされた型破りなスタイルの香水。

PAT McGRATH LABS(アメリカ) 名立たるハイブランドのファッションショーのメイクを担当するメイクアップアーティストのパット・マクグラスがプロデュースするハイライター・ブラシ・パウダー・バームのセット。ファッションブランドの広告に出てくるようなツヤツヤの陶器のような美肌になれるそうです。スパンコールが梱包材として使われていて、大量のスパンコールに埋もれるようにハイライターやブラシ等が入っているという変わったデザインのパッケージに入っています。在庫が1ツもなかったので買えるかどうか分かりませんでした。

Perfect Formula(アメリカ) ☆世界一大きなネイルポリッシュ・メーカーを所有しているシュリ・ゴッテスマンが「これじゃまだ足りない。もっと完璧なネイルを!」と奮起して作ったネイルケアブランド。爪を強化し健康的に長く伸ばすローションやゲルや、脆(もろ)い爪や損傷したキューティクルや爪の剥離(はくり)から治療する商品などを扱います。

Perfekt(アメリカ) ★ザ・ランカスター・グループやイヴ・サンローランやボビー・ブラウンなどを保有する美容業界の企業家であるリチャード・アンダーソンが14年間も美容業界にいることで忙しいから美容に時間をそんなに使えないと思っている女性が多いことを知り、シンプルなのに高性能で高品質を目指して開発したコスメブランド。

Perricone MD(アメリカ) ★皮膚科医のペリコーン博士が開発したアンチエイジング専用スキンケアコスメブランド。アルカリポイック酸や高濃度ビタミンCが皮膚のたるみやシワに効果をもたらします。シワが気になる方向け。

Peter Thomas Roth(アメリカ) ★トラブル肌に悩まされていた新進気鋭の企業家であるピーター・トーマス・ロスが1993年に自らの吹き出物やそばかすやシワや赤ら顔を治療するために設立したコスメブランド。男性向けと女性向けのコスメ有り。24金入りの24K・ゴールド・ピュア・ラグジュアリー・リフト&ファーム・プリズム・クリームが人気。

philosophy(アメリカ) ★1996年にNYで生まれた皮膚科医の化学と生物化学の治療をルーツに作られたスキンケアコスメブランド。

Phyto(フランス) ★1965年にパリのヘアスタイリストだったパトリック・アレスがスタイリング剤によってスタイリストの手や爪が痛んでいるのを見て、手に良くない物が髪にもいいはずがないと植物の専門家達によって開発された植物抽出物のみを使い、水を極力使わずに作られたヘアケアコスメブランド。髪の表面だけではなく頭皮や内側からケアするためのサプリメントなども扱っています。動物実験なし。シリコン不使用。日本上陸済み。ブリジット・バルドーやカトリーヌ・ドヌーヴ愛用。200mlのフィトホバ・マスクをアメリカで買うと45ドル(4,792円)、日本で5,508円。

Pinch Provisions(アメリカ) ☆シカゴに住む母娘が作った、流行を反映したオシャレなポーチにピンチになった時に使える物を少しずつまとめたセット。絆創膏・安全ピン・ヘアスプレー・ブレスウォッシュ・補修キット・デオドラントウェットティッシュ・腹痛の薬・吸い取り紙・ネイルリムーバー・染み抜き剤・鎮痛剤・タンポン・デンタルフロス・フェイシャルティッシュ・透明ネイルカラー・両面テープ・ヘアピン・エメリーボード(爪磨き)・ゴムひもなどが入っています。

Pink Sugar(アメリカ) ☆子供時代を思い出すような綿菓子をベースに香りをミックスさせた甘いお菓子の香水。10代向け。

PINROSE(アメリカ) ☆可愛い小悪魔のための香水。10代向け。

PMD(アメリカ) ☆自宅で簡単にフェイシャル・ピーリングを受けられる機械。肌の古くなった角質を取り除き、化粧水を浸透しやすくする本格的なレーザーを使ったピーリングが受けられる高価な機械の他に、レーザーは出ないけれどニキビだらけの肌や赤ら顔に効果ある安価タイプも有り。

Prada(イタリア) ☆1913年にマリオとフラテッリ・プラダ兄弟が皮革製品店を開業し、イタリア王室御用達になったことで有名になったファッションブランドから発売されている香水。日本上陸済み。

Primary Raw(韓国) ★2014年に販売開始した、水を1滴も使わない代わりに米ぬか液や発酵豆乳を使用したスキンケアコスメ。日本人向けに書いたであろう紹介文を読むと゛日本のマクロビオティックを使ったコスメ”なんて紹介されているのですが、アメリカ人向けに書いた紹介文だと゛ a centuries-old Korean tradition(何世紀も昔の韓国の伝統)”だと書かれています。でも、調べるとマクロビオティックも化粧品のバルク製法も発酵豆乳の技術も全てが日本の技術で、特許を取った人のことが書いてあったり、長野県のすんき漬けから分離した乳酸菌だという開発秘話が見つかったりするのでモヤモヤしました。というかこの国のコスメはそういうことが多すぎます。

Proraso(イタリア) ★イタリアンの国旗色のパッケージに入った男性用髭剃り専用コスメブランド。ブラシで泡立てたシェービングクリームを肌に塗ってからカミソリで剃るクラシックなウェットシェービングにこだわったブランドです。

 

Qhemet Biologics(アメリカ) ★アフリカ系アメリカン用のヘアケアコスメブランド。アフリカ・地中海・アーユルヴェーダの伝統にインスピレーションを得た高品質で環境に優しいヘアケア商品です。黒人の髪質の人向け。

 

Radical Skincare(アメリカ) ★世界的に有名な形成外科医リチャード・F・エドゥリッチ博士がバージニア大学で研究した独自の技術(Trylacel™)を使用した全ての肌タイプに対応したアンチエイジングスキンケアコスメブランド。値段が高く、どれも1万円超えです。

Rahua(アメリカ) ★アマゾン流域に住む先住民クエンチャー族に伝わるラウアオイルを使ったヘアケアブランド。日本上陸済み。260mlのラウア・ボディ・シャワージェルをアメリカで買うと30ドル(3,329円)、日本で4,320円。

Ralph Lauren(アメリカ)☆1967年にラルフ・ローレンによって設立されたファッションブランドから発売されている香水。日本上陸済み。

REN(イギリス) ★花やハーブなどの植物やミネラルなどを使い、毛穴を防ぐ危険性がある有害成分を一切使わない敏感肌にも使えるオーガニックのスキンケアコスメブランド。敏感肌・オーガニック好きな人向け。

ReTress(アメリカ) ★ボード認定皮膚科医であり脱毛のスペシャリストであるキャンディス・スパン博士が創立した薄毛対策専用ヘアケアコスメブランド。加齢による抜け毛の原因は男女では異なり、男性用育毛剤は沢山の商品が作られているが女性用は少なく、女性が男性用を使用しても上手く機能しないことから研究と開発を始めたブランド。使用者の95%の髪密度の向上が見られたとのことで凄く評判がいいです。ボードは何のことだか分かりませんでした。

Reverie(アメリカ) ★2009年に美容師のギャレット・マーケンソンによって作られたグルテンフリーのビーガン用ヘアケアコスメブランド。世界中の小さな家庭経営の農村とフェアトレードやエコサートをしていて、世界中から仕入れた最高品質の植物成分をカリフォルニアで手作りしています。ラウリル硫酸・グリコール類・石油化学製品・人口香料・動物派生物・TEA・DEA・合成色素・シリコン・パラベン不使用。

Riiviva(アメリカ) ☆ハンドヘルド充電式マイクロダーマブレーションとセルライトの道具を作ることで賞を受賞した会社が発売する美容器具。医療で使うダイヤモンド粒子・可変電源・特許出願中の吸引技術などが使われた剥離ヘッドと美容クリームで高色素沈着・毛孔性角化症・にきび・妊娠線などに効果があります。

Rita Hazan(アメリカ) ☆マスター・ヘアカラーリストであるリタ・ハザンが作った在宅で行うヘアカラー専用コスメブランド。

rms beauty(アメリカ) ★20年以上ヴォーグ・ハーパーズバザー・ヴィクトリアズシークレットなどで活躍してきたメイクアップアーティストのローズマリー・スウィフトが創立したコスメブランド。数年前に自身の血液にアルミニウムや鉛などの化学物質の高いレベルの重金属が含まれていることを知った創始者が、深刻な健康被害を化粧品で起こさないように作ったオーガニック原料を使用したナチュラルカラーのコスメ。ミランダ・カーさんの専属メイクアップアーティストの1人らしく、ここのコスメを愛用しているそうです。日本上陸済み。アメリカでルミナイザーをアメリカで買うと38ドル(4,259円)、日本で5,292円。日本で買う方がコスメの種類が多いです。

Rosebud Perfume Co.(アメリカ) ★1892年に設立された家族運営のリップクリーム専用コスメブランド。シンプルで手ごろなお値段なのに効果的にひび割れた口唇を滑らかにします。日本上陸済み。日本だとプラザで取り扱っています。

 

SACHAJUAN(スウェーデン) アメリカのグラマー・ニューヨーカー・GQなどでスタイリングを担当したサシャとストックホルム(スウェーデンの首都)でヘアサロンを開いたジュアンが1997年に創立したヘアケアコスメブランド。在庫が1ツもないので買えるかどうか分かりませんでした。日本上陸済み。日本だとリステアでセレクト商品として販売されています。

Sally Hershberger 24K(アメリカ) ★マスターセレブリティのヘアスタイリストであるサリー・ハーシュバーガーによって設立されたプロ仕様のヘアケアコスメブランド。髪にボリュームと栄養を与えながら、ヘアスタイルを保つことに長けている。髪にボリュームを与えたい人向け。

Say Hello To Sexy Legs(アメリカ) ★足専用ボディメイクコスメブランド。足が一瞬で若々しくてセクシーに見えるようになる足に塗るためのハイライター・コンシーラー・ファンデーションが売っています。上手く塗ることで足の傷や毛穴を隠したり、色の濃淡を使い分けることで足をほっそりと見せることができます。

SEPHORA COLLECTION(フランス) ★セフォラの自社コスメブランド。流行りの化粧品はほぼ全て網羅しているので迷ったらここで買えばいいと思います。2016年夏現在だとミニーマウスとのコラボコスメが販売中です。

Sephora Favorites(フランス) ★セフォラがお勧めするサンプルがセットになったコフレ。例えば、いろんなブランドのマスカラセット・香水セット・簡単で安い商品ばかり揃えたセット等、ブランドの垣根を超えていろいろと試すことができます。

SEPHORA+PANTONE UNIVERSE(フランス) ★セフォラとライフスタイルブランドであるパントーンユニバースのコラボコスメ。パステル調のカラフルなメイクアップコスメです。

Shaveworks(アメリカ) ★毛剃りをする時に使うシェービングクリームやワックスを取り扱う、NYの毛剃り専用スキンケアブランド。

Shiseido(日本) ★1872年創業の化粧品の日本国内シェア1位、世界シェア5位のコスメブランド。セフォラだとオイデルミン(1897年から販売されているルビー色の化粧水)が人気みたいです。125mlのオイデルミン・リバイタライジング・エッセンスをアメリカで買うと56ドル(6,289円)、日本で買うと6,480円。

SHOW BEAUTY(イギリス) ★2013年にイギリスのモデルであるタマラ・エクレストンが創業したヘアケア専用コスメブランド。まるで香水が入っているかのような高級感のあるボトルに入っています。

SK-II(アメリカ) ☆1909年にユダヤ人美容師のマックス・ファクターが創業したマックスファクターから発売されているコスメブランド。アメリカのブランドですが、日本で作られています。日本上陸済み。

Skin Inc.(シンガポール) ★より短い期間で最良の結果を得るために純粋な成分を使った世界初のスキンサプリメントバー。コラーゲンやビタミンなどいろんなセラムがフタにスポイトがついた容器に入っており、肌の具合に合わせて混ぜて使うという商品です。パラベン・香料不使用。日本で研究開発を行っていることを売りにしていてやたらジャパンがどうこうと書かれています。

Slip(オーストラリア) ★シルクの寝具専用ブランド。2003年に20世紀フォックスのステイト・マネージャーをしていたフィオナ・スチュワートはニキビ薬の副作用で超敏感肌と薄毛に悩まされました。その時に診療してもらった皮膚科医に「シルクの枕で眠るといいよ」と示唆されるもどうしてもシルクの枕カバーが見つけられません。なんとか最高級のシルクの枕を見つけ使用すると腸敏感肌と薄毛に劇的に効果があったので、2004年にシルクの寝具専用のブランドを立ち上げました。

Smashbox(アメリカ) ☆1990年にハリウッドの伝説のメイクアップアーティストであるマックス・ファクターの孫であるディーンとデイビス・ファクターが創設したスマッシュボックス・スタジオから生まれたメイクアップコスメブランド。プロのメイクアップアーティストが使う撮影に適したコスメです。日本だとQVCで取り扱っています。

Sol de Janeiro(アメリカ) ★ブラジルのアマゾンからもたらされた最新で最高のスーパーフードを使ったボディケアコスメブランド。ジゼルやアレッサンドラ・アンブロージオみたいなセクシーなブラジル人を目指したい人向け。フタル酸エステル・パラベン不使用。動物実験なし。

Son & Park(韓国) ★韓国のメイクアップアーティストが手掛けるコスメブランド。セフォラの取り扱いはふきとり化粧水のみです。

St. Tropez Tanning Essentials(アメリカ) ★セルフタンニング専用コスメブランド。日焼けをしなくてもスプレー・ローション・ムースなどで自宅で簡単にブロンズの肌を手に入れられます。

Static Nails(アメリカ) ☆付け爪専用ブランド。付け爪の両面に別の色が塗ってあり、手の甲から見ると肌色の付け爪なのに、手の平から見ると爪が赤いみたいな、手の平から見ても色が楽しめるというネイルチップが人気商品。

Stella McCartney(イギリス) ☆2001年にステラ・マッカートニーがグッチとのパートナーシップで作られたファッションブランドから発売されている香水。日本でも買えます。

stila(アメリカ) ★1994年にメイクアップアーティストのジャニーヌ・ロベルによって設立されたメイクアップコスメブランド。2009年に日本撤退。パッケージにリサイクル可能な紙やアルミを使用したり、天然素材の原料を使用しています。

StriVectin Hair(アメリカ) ★ストリベクチンの臨床に成功し、賞も特許も会得した技術を使ったスキンケアとヘアケアコスメブランド。35年間の研究で皮膚科学者によって発明されたNIA-114が、皮膚の表面を活性化し、栄養を与え、防湿層の強化と環境による侵略を防ぎ、他の有効成分も強化します。

Sultra(アメリカ) ☆2010年にプロのスタイリストのために作られた、ロサンジェルスに本社を置くヘアスタイリングツール専用ブランド。ドライヤーやヘアアイロンなどの家電を扱っています。簡単だけど迅速に髪に過剰な熱のダメージを与えない高品質な家電です。

Sunday Riley(アメリカ) ★北アメリカの植物と、特許を取得したNV-5・エイジレス・コンプレックス(NV-5 Ageless Complex)という技術を使用した強力なアンチエイジングコスメブランド。ルナ・スリーピング・ナイトオイルという青いオイルが人気ですが、成分の関係で妊婦さんは使えないので注意。

Supergoop!(アメリカ) ★創業者のマリー・サガードと共有所有者のマリア・シャラポワ(テニス選手)が作ったサンケア専用コスメブランド。軽量で持ち運びが楽な容器に入っていて肌がベタベタしません。UVA・UVB・IRA線から肌を守ります。SPF30〜50とかなり高いサンケアコスメです。リップクリーム・ハンドクリーム・CCクリーム・オイルなどもサンケア対応です。

surratt beauty(アメリカ) ★NYのAリスト・メイクアップアーティストであるトロイ・スラットがプロデュースする芸術的なコスメ。クラシックでシックなパリの街、NYの街から溢れるエネルギーの脈拍、東京の未来的な精神と魅力的な色をかけ合わせたコスメラインは開発に10年の月日をかけています。

SWEAT COSMETICS(アメリカ) ★プロやオリンピック女子選手によってテストして作られたブラシ付きファンデーション。ツイストブラシの容器を振るとブラシの間からパウダーファンデーションが出てきて簡単に使えるという商品です。

 

 

セフォラのコスメブランド解説  A・B C・D E・F・G・H I・J・K・L M・N・O T・U・V・W・X・Y・Z 余談

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

楽天ランキング

楽天市場

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM